コンピュータ化された横編みプロセスをデバッグする方法

コンピュータ化された横編みプロセスをデバッグする方法

1.レベル補正

機械を適切な位置に移動し、テルルパッドを挿入し、四隅の高さを調整し、テルルパッドの高さ調整ネジを調整し、水平で測定して機械を水平状態にし、確認後、固定を締めますねじ、変位を防ぎます。

2.パワー測定

電源入口で測定して、三相電源の電圧が正しく、機械の指定された電力要件を満たしているかどうかを測定します。確認後、1行ずつ修正し、正しいことを確認してから通電してください。

3.ドライオペレーション

機械のコンピュータに基本的なパラメータを入力し、シェーカー校正、補助ローラー校正、エンコーダー校正、針選択時間校正、およびヘッド原点校正を実行します。以上の後、ドライ運転を行ってください。ドライ運転中、ヘッドの左側と右側を調整します(ドライランニングプログラムは6+6ファインメッシュヤーン編みではありません)。ヤーンフィーダー1〜8をテストします。テストは48時間以上で、目的は新しい機械のすべての部品を慣らし運転にして、針板とガイドレールのオイル時間は24時間です。

4.織る前に調整します

ヘッドカバーを開け、プログラムはステッチの総数であり、スイッチャーの高さを調整します(0.5-0.3MM)、スイッチャーGG#39; sスイッチヘッドは対称的にヤーンフィーダーを食べ、ブラシの位置を調整し、ブラシの前後の基準は針と平行です針にそれを貼り付けます。ブラシの高さはタック(タック)の高さで、針を覆います。すべてのアンテナとサイドアンテナを調整し、サンドノズルをしっかりと保ち、クロスホイールサポートとメインローラーの張力を適切に調整します。

5.空行で起きる

まず、給糸口の使用状況(高さ、前後、上下の隙間)を確認します。編み幅(オープンステッチの数)を確認してください。程度;速度;ローラー;サブローラーの張力と開閉。ヤーンフィーダーパーキングポイント。実行速度を確認します。最下部は20、セカンダリローラーは開閉20、サイドローラーは77を引いて、速度は100/40%です(全速は100、現在の速度は40)。

6、6+6の詳細な製織

目的は、針経路と針板編みを統合し、編み針を針溝で柔軟にし、針落ち現象があるかどうか、針の選択を主張することです。

7.測定メッシュ(コイルサイズ)

メッシュ値が50の場合、30cmの糸を9cmの生地に編むため、前後ベッドの各系統の計測メッシュが同じになり、針径の異なるモデルの値が異なります。

8.ニードルトランスファーテスト

針移送プログラムを使用して針移送テストを編成し、フロントベッドとバックベッド、および各ポートの間に時間差があるかどうかを確認します。ミシン頭部を上下に動かして針移りの時間差を調整できます。

9.測定メッシュ

上記の動作が正しいことを確認した後、針を回すことで可動ハンドピースの上下が調整され、測定値が変化するため、2回目の測定を行いますので、手順7を繰り返して測定値を測定します。

10.総針矯正

Sipingme(フルニードルリブ編み)プログラムを使用して、編みとテストを行い、マシンが糸を送る速度を確認し、製織ピースを比較し、方法を調整し、ヘッドのドームネジを緩め、ヘッドボックスを左右に動かして、糸送りを均等にし、Sipingmeを平らにします(つまり、大きいか小さいかを確認します)。

11. 2色の総針

デュアルシステムで2つの異なる色の糸を使用したSipingメッシュの同時編成。目的は、2つのシステムに大きなループまたは小さなループがあるかどうかを観察することです。ループが大きいか小さい場合は、手順8を繰り返します。

12.単糸を始める

2つのシステムは編み目の横糸と平織りをそれぞれ使用して、目の端に単一の糸があるかどうかを確認します。目的は、針を食べ過ぎたときに単一の糸があることを観察し、9を繰り返すことです。

13、6+6の2色ジャカード織り

針移しテストではミシン頭部が上下に調整されるため、総針テストではミシン頭部の左右が調整され、針の選択時間が変化します。針選択時間は正確であり、コンピューターGG#39のパラメーター修正を使用します。針選択時間を変更するには(特定の調整は論文で紹介されています)、このテストは最低速度から開始し、ゆっくりと最高速度まで加速します。 120cm / s。迷い花がなければ調整完了です。

14.編みタック

針をひっくり返すときに単一の糸があるかどうかをテストし、場合によっては手順6〜11を繰り返します。タックに浪費があるかどうか、およびタックの位置につばがあるかどうかをテストします。浪費している場合は、機械のコンピュータパラメータを調整して、唾を吐きます。